2024/05/26
564
ChatGPT4とは?料金・特徴・活用事例を紹介

AI技術の進化がもたらす可能性は広範囲にわたりますが、その中でも特に注目されているのがChatGPT4です。今回の記事では、ChatGPT4の基本的な特徴、料金プラン、そして実際の活用事例について、わかりやすく解説します。ChatGPT4は、自然な対話を実現するためのAI技術の最新進化形であり、その性能や特徴について詳しく見ていきましょう。

 目次
 1.GPT-4とは?
 2.GPT-4の特徴とできること
 3.GPT-4の活用事例を3選紹介
 4.まとめ

 

1. GPT-4とは?

GPT-4は、OpenAIによって開発された最新の自然言語処理AIモデルで、ChatGPTシリーズの上位モデルとして注目を集めています。これは2023年3月14日にリリースされ、有料チャットボットChatGPT Plus、OpenAIのAPI、そして無料チャットボットMicrosoft Copilot経由で公開されました。
GPT4は、大量のテキストデータから学習し続けており、その結果、様々な話題について人間らしいレスポンスを生成することが可能です。また、その柔軟性は多岐にわたる用途に対応します。例えば、文章作成、質問応答、プログラムの自動生成などが挙げられています。これにより、GPT4はビジネスから学術まで、広範な分野で活用されています。


GPT-4の料金プラン
GPT-4の驚異的な機能を利用するには、ChatGPT Plusに登録する必要があります。このプレミアムサブスクリプションは、わずか20USドル(約2,700円)の月額料金で利用可能です。さらに嬉しいことに、Microsoftの検索エンジンCopilotでは無料で利用できます。この手頃な料金で、GPT-4の優れた機能を存分に活用できます。


GPT-4の日本語サポート
GPT-4は、世界中の多言語に対応しており、その中には日本語も含まれています。ユーザーが入力した言語に応じて、適切な出力言語を生成します。日本語を含む多くの言語で、高度な自然言語処理を行うことが可能です。これにより、言語の壁を超えて、より多くの人々がGPT-4の利用を享受できるようになります。

 

2. GPT-4の特徴とできること

①モデルの規模とトレーニングデータ
GPT-4は、1兆以上のパラメータを持つモデルであり、GPT-3.5よりも大規模です。この大規模なモデルは、より複雑な文脈や長いプロンプトに対応できる能力を持っています。
一方、GPT-3.5は約1750億のパラメータを持ち、それでも非常に強力な言語モデルですが、GPT-4の規模には及びません。

 

②マルチモーダルAI
GPT-4の最も注目すべき点はマルチモーダルAIと言われています。マルチモーダルAIとは、複数種類のデータを入力し、統合的に処理する深層学習の手法のことです。これにより、テキスト情報だけでなく、画像や音声などの複数のフォーマットも入力データとして処理できるようになりました。
例えば、画像内の物体を識別したり、色やファイル形式を変更したりできます。以下の場合はGPT-4が海の画像を分析して感想を述べました。



 

しかし、現状はテキストの入力に対してテキストで出力することしかできませんが、技術的にマルチモーダルに対応しているため、将来的には画像や音声を生成できる汎用的なAIに進化する可能性があります。

 

③長文のプロンプト・ターンに対応可能
GPT-4は、Zero-shot CoT(ゼロショットの一貫性)、Self-Consistency(自己一貫性)、Generate Knowledge Prompting(知識生成プロンプティング)、ReActプロンプトなどの手法を利用して、より長文のプロンプト・ターンに対応するよう設計されています。
これにより、プロンプトとモデルの応答が一連の対話の一部である場合や、複雑な文脈や背景を持つプロンプトに対しても、適切な応答を生成する能力を持っています。この特徴は、対話システムや文章生成タスクにおいて重要であり、例えば長い文章で説明された質問に対して適切な回答を生成する必要がある場合や、先行文脈に基づいて継続的な対話を行う場合に役立ちます。

 

④回答精度の向上
GPT-4は、誤字脱字が少なく、より正確な情報を提供できる傾向があります。これは、トレーニングデータとモデルアーキテクチャの改善によるものです。また、専門的な知識やニッチなトピックに関する質問に対しても、GPT-4は信頼性の高い情報を提供できることがあります。以下の例を見ていきましょう。
質問:「量子コンピューティングの影響は何ですか?」
GPT-3.5の回答:
「量子コンピューティングは、情報処理の新たなパラダイムであり、その影響は広範で深遠です。量子コンピューティングは、複雑な問題を解決するための新たな手段を提供し、科学、医療、金融などの分野で革新的な変化をもたらす可能性があります。」
GPT-4の回答:
「量子コンピューティングは、その特性を活かして、従来のコンピューティングでは解決が難しかった問題に対する新たなアプローチを提供します。以下に、その主な影響をいくつか挙げてみます:
・高速なデータ処理能力:量子コンピューティングは、従来のコンピューターシステムでは不可能だった速度でのデータ処理能力を持っています。
・科学的問題への新たなアプローチ:複雑な分子の動きを研究することで発見された救命薬など、未解決の科学的問題への新たなアプローチが可能になります。
・医療やセキュリティへの影響:医薬品やワクチンの開発の迅速化、化石燃料によって引き起こされる気候変動を止めることに役立つ、新たな合成炭素吸収素材の開発など、医療やセキュリティにも大きな影響を与えます。
・ビジネスへの影響:より効率的な新素材のシミュレーションから、株式市場の変動予測の精度向上まで、量子コンピューティングはビジネスに極めて大きな影響を及ぼす可能性があります。
・暗号への影響:しかし、量子コンピューティングのデメリットとして、現在の暗号が破られる可能性があります。」

この例から、GPT-4がGPT-3.5よりも詳細で具体的な回答を提供できることがわかります。また、GPT-4はより広範な視点から問題を考えることができ、より深い洞察を提供することができます。これらの違いは、GPT-4がより大きなモデルであり、より多くのデータから学習しているためです。

GPT-3.5よりも性能が高いですが、GPT-3.5 と同様、GPT-4も2021年9月までに学習されたデータを使用するため、2022年以降に起こった出来事や新しい情報に関する質問には答えられないという問題があります。

 

3. GPT-4の活用事例を3選紹介
現時点はGPT-4の優越性を活用して自社製品をアップデートしてユーザー体験を高めている会社が多くなっていきます。GPT-4は実際にどのように活用されているか次の三つの事例を見ていきましょう。

 

①Duolingo
市場には言語学習アプリが多くあり、競争が非常に激しいため、開発者は常に製品を改善する方法を模索する必要があります。Duolingoはその代表的な会社の一つです。この会社はGPT-4をアプリに統合し、Duolingo Maxという新購読プランを開発してリリースしました。
Duolingo MaxではSuper Duolingoのすべての特典に加え、2つの新しいAI機能「スマート解説」と「ロールプレイ」が追加開発されました。これらの新しい機能の導入により、ユーザーは先生から学ぶように効果的で真実な外国語学習を体験できます。
・スマート解説:この機能は学習者がなぜ間違えたのか理解したいというニーズに応えます。通常のDuolingoレッスンの大部分の問題形式において、文脈に応じた解説を提供します。解説はAIによって生成され、キャラクターの「Duo」からチャットボット形式で配信されます。
・ロールプレイ:実際の会話のシミュレーションを通じて語学力を向上させる機能です。学習者はAIとの対話を通じて実践的な表現やフレーズを学ぶことができます。

 

②Be My Eyes
Be My Eyesは、視覚障害者のためのアプリで、ボランティアと視覚障害者をつなぐプラットフォームです。最近、Be My AIという新しい機能が導入され、これはGPT-4を活用しています。
Be My AIは、視覚障害者が写真を撮ると、その写真の詳細な説明を提供するAIツールです。具体的には、製品のラベルや店舗内の商品など、さまざまなシーンで利用できます。Be My AIは、自然言語によるAIベースの対話を通じて、ユーザーにコンテクストに基づいたアドバイスを提供します。
これは視覚障害者のコミュニティにとって非常に有用なサービスであり、Be My AIの導入により、さらに効率的で包括的なサポートが提供されています。

 

③Stripe
Stripeは、GPT-4をデジタル決済処理やその他の製品に統合し始めています。Stripeは、OpenAIと連携してAI技術を活用し、製品のユーザーエクスペリエンスを向上させています。
・ChatGPT PlusとDALL·Eの支払い:ChatGPT PlusとDALL·Eの支払いを処理するために、StripeはOpenAIと連携しています。ChatGPT PlusはChatGPTのプレミアムサブスクリプションオファリングであり、Stripe BillingとStripe Checkoutを活用して提供されています。Stripe Checkoutのホストされた支払いページを使用して、ユーザーは一度の購入、月額または利用ベースのサブスクリプションを選択できます。
・DALL·Eの柔軟な支払いオプション:DALL·Eのユーザーは、DALL·Eクレジットを購入する柔軟なオプションをStripe Billingを通じて利用できます。これにより、新しい画像を生成することができます。
・Linkを活用した高速な支払い:LinkはStripeのRemember Me製品の進化版であり、OpenAIのユーザーは平均で40%速く支払いを完了できます。保存された支払い詳細を自動入力することで、迅速なチェックアウトが実現されています。

 

4.まとめ
GPT-4は、OpenAIが開発した最先端の自然言語処理AIモデルで、その高度な対話能力と多機能性が特徴です。大規模なトレーニングデータを活用し、マルチモーダル対応や長文プロンプトの処理能力、回答精度の向上を実現しています。月額20ドルのChatGPT PlusやMicrosoftのCopilotで無料利用できる手頃な料金設定も魅力です。
活用事例として、Duolingoの言語学習支援、Be My Eyesの視覚障害者支援、Stripeの効率的な決済処理などがあり、教育、支援技術、金融など多岐にわたる分野で革新をもたらしています。今後もGPT-4のさらなる進化と応用が期待され、私たちの生活やビジネスにおいて重要な役割を果たすでしょう。