2023/12/31
1123
Chat GPT-4とGPT-3.5:5つの大きな違いを解釈する

AI言語モデルの進化は、テクノロジーの未来に大きな影響を与えています。OpenAIのChat GPTシリーズもその進化の最前線に位置し、最新のChat GPT-4はその最新の証拠です。Chat GPT-3.5からの進化には何が含まれているのでしょうか?今回のブログでは、Chat GPT-4とGPT-3.5の間に存在する5つの大きな違いを詳しく解説します。

 1. Chat GPTとは?
 2. Chat GPT-4とGPT-3.5の違い
  ①高度な創造性の達成
  ②多言語対応
  ③問題の解釈
  ④文脈の理解
  ⑤非構造化プロンプトへの適応
 3. まとめ

 

1. Chat GPTとは?
ChatGPT(GPT:Generative Pre-trained Transformer)は、OpenAIが開発した自然言語処理の人工知能(AI)モデルの一つです。ユーザーとテキストベースの対話を行うために設計され、質問応答、対話、情報提供など、さまざまな自然言語タスクに対応することができます。

ChatGPTは、会話の一環としてテキストベースのコミュニケーションを提供し、ユーザーがテキストで質問を投げかけると、コンテキストに基づいて適切な応答を生成します。この技術は、オンラインチャットボット、仮想アシスタント、カスタマーサポート、情報検索、テキスト生成など、多くのアプリケーションで使用されています。

GPT-4 と GPT-3.5 は、ChatGPTの異なるバージョンです。GPT-4はGPT-3.5よりも高度な性能と能力を備えており、創造性・多言語対応:・問題解釈・文脈理解・非構造化プロンプトへの適応の5つの点でその進化が見られます。

 

2. Chat GPT-4とGPT-3.5の違い

①高度な創造性の達成
GPT-4は、プロンプトに対して非常に創造的な応答を提供する能力が非常に優れています。これは、新しいアイデアやコンセプトを生み出す能力において顕著です。

GPT-3.5も創造的ですが、GPT-4に比べるとその創造性は少し控えめです。特に、複雑なタスクや高度な創造性が求められる場面では、GPT-4の優位性が顕著になります。以下の例を見てみましょう。

●タスク「人々が夢の中で会話できる世界を想像してください。その世界で一日を過ごす人の様子を描写してください」

→GPT-3.5の回答「夢の中での会話が可能な世界では、人々は夢の中で友達や家族と楽しくコミュニケーションをとります。例えば、誰かが夢の中で昔の友達と再会し、一緒に楽しい冒険に出かけることができるでしょう」

→GPT-4の回答「夢の中での会話が現実と同じくらい豊かな世界では、朝は夢の中で友達と集まり、共同で夢を作り上げるイベントが行われます。昼には夢の中の仲間たちと異次元の風景を訪れ、夜には星座と対話を楽しむことができます。この世界では、夢が新たな冒険や洞察の源となります」

この例では、GPT-4の回答がより細かいディテールや異次元の要素を取り入れ、夢の中での日常をより幅広く描写しています。 GPT-4はより高度で複雑なシナリオにも対応し、創造的な表現力が向上しています。

 

②多言語対応
GPT-3.5も多言語を理解できますが、異なる言語の切り替えが少し難しく、通常、文の中で言語を別々に扱います。

一方、Chat GPT-4は、言語の切り替えをスムーズに行い、異なる言語を同じ文や文章で調和させるのが得意です。これにより、より自然な多言語のテキスト生成が可能になります。以下の例を見てみましょう。

●質問「Can you tell me about the historical significance of the Eiffel Tower?」

→GPT-3.5の回答「The Eiffel Tower is a historic monument in Paris, France. It was built in the late 19th century and has become a symbol of French culture and engineering」

→GPT-4の回答「The Eiffel Tower, située à Paris, est un monument emblématique qui a été construit à la fin du XIXe siècle. Il représente non seulement l'ingénierie française, mais aussi l'évolution culturelle de la France à travers les années」

この例では、GPT-4はフランス語と英語を混ぜて回答しており、質問の内容をより多角的かつ豊かに伝えています。一方で、GPT-3.5の回答は単一言語で提供され、情報は簡潔であるが多言語的な柔軟性が制限されています。

 

③問題の解釈

GPT-4は一般的な知識だけでなく、特定の分野やドメインに関する専門的な質問にも適切に応じることができます。これにより、特定の知識が必要な場面でも高いパフォーマンスが期待されます。以下の例を見てみましょう。

●質問「人工知能の進化において、Chatボットの役割はどのように変わってきたのですか?」

→GPT-3.5の回答「Chatボットは人工知能の進化に伴い、会話の理解や自然言語生成の向上がありました」

→GPT-4の回答「人工知能の進化により、Chatボットは従来よりも複雑な対話を理解し、より洗練されたコミュニケーションを提供できるようになりました。例えば、特定のドメインにおいても専門的な知識に基づいて質問に答えることが可能です」

GPT-4の回答は、進化に伴うChatボットの役割の変化について、より具体的で専門的な洞察を提供しています。

それだけではなく、GPT-4はより抽象的な問題にも対処できます。難解で複雑な概念にも理解が進んでおり、論理的な推論を行う能力が向上しています。以下の例を見てみましょう。

●質問「愛とは何ですか?」

→GPT-3.5の回答「愛は感情の一つで、他者に対する深い感情や絆を指します」

→GPT-4の回答「愛は単なる感情だけでなく、相手を尊重し、思いやりをもって接することによって生まれる、人間関係や絆の中での特別なエネルギーです」

この例では、GPT-4の回答がより抽象的であり、愛に対する理解が感情だけでなく、尊重や思いやりなどより多面的な概念に及んでいます。

 

④文脈理解
Chat GPT-4は文脈理解において、対話の一貫性や複雑な文脈により適応でき、より洗練された回答を提供します。これに対して、GPT-3.5はより短い文脈においても優れた一貫性を示しますが、長い対話や複雑な文脈においては制約があります。以下の例を見てみましょう。

●ユーザー「最近、新しい仕事に就きました」

→GPT-3.5の回答「おめでとうございます!新しい環境での仕事はどうですか?」

→GPT-4の回答「新しい仕事へのおめでとうございます!新しい環境での仕事に慣れてきましたか?同僚たちとの関係はいかがですか?」

この例では、ユーザーが新しい仕事に関する情報を共有しました。GPT-4はこの文脈を深く理解し、ユーザーの新しい環境への適応や同僚との関係について更に具体的な質問を行っています。対照的に、GPT-3.5の回答は賀状的なメッセージであり、文脈に基づく追加の質問がないです。

 

⑤非構造化プロンプトへの適応
GPT-4は非構造化なプロンプトに対して柔軟に適応できる特徴があります。これは、指示や要求が複雑であっても、より深い理解を示すことを意味します。GPT-4はプロンプトの背後にある意図を推測し、状況に応じてより洞察深い回答を提供することができます。

一方で、GPT-3.5はより単純な構造のプロンプトに強く適しています。複雑な指示や要求には限定的な理解しか示さず、情報の複雑な構造に対応するのが難しいことがあります。以下の例を見てみましょう。

●プロンプト「未来の技術がもたらす社会への影響について予測してください」

→GPT-3.5の回答「未来の技術が社会に与える影響は大きいでしょう。例えば、自動化によって仕事の構造が変わる可能性があります」

→GPT-4の回答「未来の技術が社会に与える影響は複雑で多岐にわたります。自動化は確かに仕事の変化をもたらすでしょうが、それに伴って教育や労働市場の在り方も変わる可能性があります。また、個人のプライバシーやエシカルな側面にも新たな課題が生じるでしょう」

この例では、GPT-4は非構造化なプロンプトに対してより広範で深い理解を示し、単なる技術の変化だけでなく、それがもたらす複雑な社会的影響にも焦点を当てています。 GPT-3.5の回答は一般的な予測を述べているに過ぎません。

 

3. まとめ

Chat GPT-4とGPT-3.5の比較を通じて、これらの大きな違いが浮かび上がります。GPT-4は前バージョンに比べて高度な創造性を発揮し、多言語対応の柔軟性が向上しています。また、問題の解釈や文脈の理解においても進化が見られ、非構造化なプロンプトにも柔軟に適応する特徴が加わりました。

これにより、ユーザーはより洗練された対話体験が期待でき、より複雑なタスクや情報の要求にもGPT-4がより効果的に対応することが可能です。しかし、進化には限界も存在し、ユーザーとの相互作用においても注意が必要です。未来の進展に期待しつつ、GPT-4とGPT-3.5の利点と制約を理解した上で、最適な利用方法を見つけることが鍵となります。 ChatGPTシリーズの進化は、言語処理技術の未来への一歩であり、これによって私たちのデジタルコミュニケーションの可能性が広がっていくことでしょう。