DX推進におけるオフショア開発の役割
2023/09/24 | オフショア開発 | 527 ビュー

DX(デジタルトランスフォーメーション)は現代のビジネスにおいて極めて重要です。しかし、日本企業はDXを推進する際にさまざまな課題に直面しています。既存システムの負担、高いコスト、IT人材の不足などがその主な課題です。このブログでは、オフショア開発がこれらの課題を解決するために果たす役割に焦点を当てます。
 

 目次
 1. DXとは?ビジネスにおけるDXトレンド
 2. DX推進における日本企業の課題
 3. DX推進におけるオフショア開発の役割
 4. まとめ

 

1. DXとは?ビジネスにおけるDXトレンド
デジタルトランスフォーメーション(DX)は現在、医療や教育などあらゆる分野において、ますます不可欠な要素となっています。DXは、ビジネスプロセスと顧客体験を変革し、競争力を高めるための取り組みです。以下はDXトレンドの代表的な特徴です。

①デジタル技術の前進
クラウドコンピューティング、ビッグデータ、人工知能(AI)、IoT(Internet of Things)などのデジタル技術が急速に進歩し、新たなビジネス機会を提供しています。これらの技術を活用することで、効率を向上させ、市場での競争優位性を築けます。

②顧客体験の向上
DXは、顧客体験を向上させることを重視しています。ウェブサイト、モバイルアプリ、オンラインサービスの利便性向上は、顧客忠誠度を高め、競争力を強化します。

③データ駆動の戦略
DXはデータ駆動の戦略を採用し、意思決定をサポートします。データ分析により、市場動向の理解やプロセスの最適化が可能になります。

特に、コロナ禍においてDXは急速に進展し、リモートワークやデジタルコマースなどの分野で急成長しました。企業はDXを採用することで、新たなチャンスをつかみ、変化に適応する柔軟性を獲得します。次に、DX推進における日本企業の直面する課題について考えてみましょう。

 

2. DX推進における日本企業の課題
DX(デジタルトランスフォーメーション)の浸透が急速に進んでいる中、日本企業は次のような重要な課題に直面しています。

①既存システムの負担の重さ
多くの日本企業は、過去の年月にわたり蓄積された既存のITシステムを運用しています。これらのシステムはしばしば古く、メンテナンスやアップグレードに多くの時間と予算がかかります。

特に、大手小売企業では、レガシーPOSシステムが複雑化し、新しいデジタル支払いソリューションを追加するのが難しい場合があります。これにより、新しい決済方法を提供するための遅れが生じ、競争上の不利益につながります。

②コストの負担の重さ
日本は労働コストが高い国の一つです。新しいテクノロジーの導入やスキルの向上には多額の費用がかかり、特に中小企業は資金を確保することが難しい状況にあります。具体例として、製造業では、自動化ロボットを導入するための初期投資が莫大で、これに対処するための予算を確保することが課題です。

③日本国内でIT人材が不足
日本企業は社内にIT人材が不足している場合、外部からの人材採用は一つの選択肢となります。しかし、日本は少子高齢化による労働力の減少と、IT関連の需要の急増に直面しており、全体的にIT人材の不足が深刻な問題となっています。

経済産業省の調査によれば、すでに2018年時点で22万人ものIT人材が不足しており、このギャップは時間の経過とともに拡大し、2030年には最大で約79万人に達すると予測されています。

 

3. DX推進におけるオフショア開発の役割
DX推進の際の日本企業の課題を解決するために、日本企業は新たなアプローチを模索しています。その一つがオフショア開発であり、この方法がどのように課題の克服に役立つかを次で詳しく探ります。

①優秀で豊富なIT人材の確保
オフショア開発では、世界中から優秀なIT専門家を集めることができます。日本国内でIT人材が不足している場合でも、オフショア開発を通じて必要なスキルを獲得し、プロジェクトを推進することが可能です。

ベトナムは、優れたIT専門家が豊富に存在する国の一つです。多くのベトナムのITプロフェッショナルは、高度な技術スキルを持ち、国際市場で高い評価を受けています。彼らはソフトウェア開発、ウェブ開発、モバイルアプリケーション開発など、多岐にわたる分野で経験を積んでおり、日本企業のDXプロジェクトに不可欠なスキルを提供します。

②コスト削減の実現
日本は労働コストが高いため、オフショア開発を利用することでコスト削減が実現します。ベトナムオフショア開発を例としてコスト削減できる項目を説明します。

まずは人件費の削減です。ベトナムでは、ソフトウェア開発者やエンジニアの給与水準が日本と比較して低いです。例えば、同様のスキルセットを持つエンジニアを雇用する場合、ベトナムの開発者の給与は通常日本の開発者の半分以下です。この給与の違いがプロジェクト全体の開発コストを大幅に削減します。

次はオフィススペースと設備のコスト削減です。オフショア開発すると、エンジニアが完全フルリモートの形でベトナムで働くから、事務所運営のコストも削減できます。これには電気代、水道光熱費、オフィス家具などが含まれます。

さらに、雇用に関連する法的・経済的負担も軽減できます。日本企業は国内の開発者を雇用する場合、正社員として保険料や交通費など支払わなければなりません。一方、オフショア開発すると、一定期間でエンジニアを確保するから、保険料や交通費などを抑えることができます。

③スケーリングの柔軟性
DXプロジェクトは成長に合わせてスケールする必要があります。オフショア開発は、プロジェクトのスケーリングを柔軟にサポートできる利点があります。必要に応じて、開発チームを増減させることができ、プロジェクトの要求に合わせてリソースを調整できます。これにより、ビジネスの成長に迅速に対応し、競争力を維持できます。

オフショア開発は、日本企業がDXプロジェクトを成功させるための貴重なツールとなっています。適切に計画し、適切なパートナーシップを築けば、優れた成果を得ることができます。

 

4.  まとめ
DX推進におけるオフショア開発は、優れたIT人材の確保、コスト削減、スケーリングの柔軟性を提供し、日本企業が競争力を維持し、成功を収めるための強力な戦略です。これにより、日本企業は迅速に変化するデジタルビジネス環境に適応し、持続的な成長を実現できます。DX推進においてオフショア開発を活用することは、今後のビジネスにおいて不可欠な要素と言えるでしょう。

 

#オフショア開発 #DX推進
HA NOI市 THANH XUAN区 THANH XUAN TRUNG街区 47NGUYEN TUAN通り Aビル4F

個人情報保護方針情報セキュリティ方針

© Copyright Yopaz Co.,Ltd. All Rights Reserved.