2023/06/02
544
オフショア開発を成功に導くためのエッセンシャルステップ

オフショア開発は、現代のグローバルなビジネス環境において重要な役割を果たしています。企業は、コスト削減、効率向上、優れた人材の獲得などの目的でオフショア開発を活用しています。本ブログでは、オフショア開発の成功に不可欠な9つのステップを紹介します。オフショア開発を活用する企業やプロジェクトマネージャーにとって、このブログは宝の情報源となるでしょう。さあ、オフショア開発の成功に向けて、一緒にステップを進めていきましょう。
 

 目次
 ステップ1: 目的の明確化と予算の確保
 ステップ2: 要件定義の徹底
 ステップ3: 開発モデルの選択
 ステップ4: 契約形態の検討
 ステップ5: オフショア開発先の選定
 ステップ6: キックオフミーティングの実施
 ステップ7: 仕様書の明確化とすり合わせ
 ステップ8: 開発の進行と進捗管理
 ステップ9: 成果物の検収とプロジェクト終了
 まとめましょう!

 

ステップ1: 目的の明確化と予算の確保

オフショア開発を成功に導くための最初のステップは、明確な目的の設定です。なぜ自社はオフショア開発を利用するのか、その目的を明確にすることが重要です。目的を明確にすることで、オフショア開発のメリットを最大限に活かし、自社のビジョンとの整合性を確保することができます。

例えば、オフショア開発を利用する目的は、コスト削減や優れたエンジニアの確保、開発体制の強化など様々です。自社のビジネス戦略や目標に基づき、オフショア開発がどのように貢献するかを考えましょう。

また、目的設定と同時に、予算の確保も重要です。オフショア開発には費用がかかるため、予算を事前に確保することが必要です。開発に必要なリソースや人材、インフラなどに適切な予算を割り当てることで、プロジェクトの成功に向けた基盤を築くことができます。

目的の明確化と予算の確保は、オフショア開発プロジェクトのスタートラインであり、成功への重要な基盤です。オフショア開発を進める前に、自社のビジョンと目的を明確にし、適切な予算を準備しましょう。

 

ステップ2: 要件定義の徹底
オフショア開発において、成功を収めるために欠かせないのが要件定義の徹底です。ソフトウェア開発プロジェクトでは、どのようなソフトウェアを作りたいのか、具体的な要件を明確にすることが重要です。

要件定義のプロセスを徹底することで、開発チームとのコミュニケーションがスムーズになり、期待する成果物の実現に向けた共通理解を築くことができます。要件定義の中でも特に重要なのは、ソフトウェアの機能要件や非機能要件を明確にすることです。必要な機能や性能、セキュリティ要件などを具体的に定義しましょう。

また、納期の設定も要件定義の一環として重要です。開発プロジェクトには時間的な制約がありますので、明確な納期を設定することで、開発の進捗管理やスケジュールの調整がしやすくなります。納期を設定する際には、要件の優先順位を考慮し、リアリスティックなスケジュールを立てることが大切です。

 

ステップ3: 開発モデルの選択
オフショア開発において、開発モデルの選択は重要な決定です。一般的に、ウォーターフォール型とアジャイル型の2つの主要な開発モデルがあります。それぞれの特徴やメリットを比較し、プロジェクトの性質に合わせて適切な開発モデルを選択することが求められます。

ウォーターフォール型
これは、仕様や納期が明確に定義されており、一連の工程を順番に進めていく開発モデルです。要件定義からテストまでの各フェーズを段階的に進めるため、プロジェクトの進行状況が予測しやすく、品質の管理もしやすいという利点があります。特に、仕様や納期が安定しており、変更が少ないプロジェクトには適しています。

アジャイル型
これは、早い段階でリリース可能なバージョンを繰り返し開発し、ユーザーのフィードバックを取り入れながら進化させていく開発モデルです。柔軟性が高く、変更に対する迅速な対応が可能です。プロジェクトの要件や仕様が変動しやすい場合や、市場の需要や競争力を追い求める場合に適しています。

開発モデルの選択方法は、プロジェクトの性質とニーズに合わせることが重要です。プロジェクトの目標やリスク、チームの能力も考慮に入れましょう。以下、ウォーターフォール型開発とアジャイル型開発の違いを案件の特徴別にまとめます。

指標ウォーターフォール型開発アジャイル型開発
開発期間長い短い
柔軟性低い高い
開発の品質質を担保できる場合によって質が落ちる
進捗管理の難易度易しい難しい
開発者の作業範囲工程ごとの限定的な対応全工程を一気通貫対応

ウォーターフォール型とアジャイル型の開発モデルに関しては、以下のブログも参考にしましょう。
ウォーターフォール型開発とアジャイル型開発とは何?

 

 

ステップ4: 契約形態の検討

オフショア開発において、契約形態の選択は重要です。主な契約形態としては、請負契約とラボ契約があります。それぞれの特徴や適用例を理解し、プロジェクトの要件とリスクに応じて適切な契約形態を選定することが求められます。

請負契約
これは具体的な成果物や納品物に基づいて契約が行われる形態です。契約の範囲や納期、品質基準が明確に定義され、開発業者はそれに応じて成果を提供します。請負契約は、プロジェクトの要件が明確で変更が少なく、成果物の納品が重要な場合に適しています。例えば、特定のソフトウェア製品の開発や、一定の機能追加を要求する場合に利用されます。

ラボ契約
これは時間とリソースに基づいて契約が行われる形態です。開発業者は、一定期間内に特定の専門知識やスキルを提供し、プロジェクトの進行や課題解決に貢献します。ラボ契約は、プロジェクトの要件が変動しやすく、柔軟性と専門知識の活用が求められる場合に適しています。例えば、プロジェクトを進めている途中で、自社リソースの不足が発生した場合は、ラボ契約で外部のエンジニアを借りることができます。

契約形態の選定方法は、プロジェクトの要件とリスクに応じて検討することが重要です。以下、請負契約とラボ契約の違いを案件の特徴別にまとめます。

指標請負契約ラボ契約

相性の良い案件

・小規模または、想定開発期間が短い
・仕様や設計書を予め固めることができ、開発中に仕様の変更が多く発生しない

・要件が明確になっていない
・定期的に運⽤保守作業を依頼したい
・定期的に案件があり、⾃社専⽤の優秀な⼈材を確保したい
・⾃社のリソースが不足のため、⼀時的に開発ラインを増強したい
・オフショア開発のノウハウを蓄積したい

開発モデルウォーターフォール型アジャイル型

 

ステップ5: オフショア開発先の選定
オフショア開発先を選ぶ際には、いくつかのポイントに留意する必要があります。まず、技術力と専門知識の豊富な国を選ぶことが重要です。また、円滑なコミュニケーションを図るため、英語や日本語の話せる人材が充実している国を選ぶことが望ましいです。さらに、文化やビジネス習慣の違いや、政治的な安定性とビジネス環境の信頼性も考慮しましょう。

近年、ベトナムはオフショア開発先として注目されています。ベトナムは優れたIT教育を提供し、優秀なソフトウェア開発エンジニアを輩出しています。また、他のオフショア開発先に比べてコストが低く、コスト効率の良さが特徴です。それだけでなく、ベトナムの開発企業は柔軟性と高品質な成果物の提供にも注力しており、新たな技術の研究開発や複雑な問題解決にも適しています。


ステップ6: キックオフミーティングの実施
キックオフミーティングでは、チーム全体が一堂に会し、プロジェクトの目標、要件、期待値を明確に共有することが求められます。初めてのミーティングでメンバー同士が顔を合わせ、コミュニケーションの基盤を築くことで、円滑な作業の開始と良好な協力関係の構築に繋がります。

オンラインツールを活用することで、オフショア開発チームとのキックオフミーティングを効果的に実施することが可能です。まず、ビデオ会議ツールを使用してリアルタイムの対話を促し、顔の見えるコミュニケーションを確保します。プロジェクトの目標や要件に関する詳細な説明や質疑応答を行い、相互の理解を深めましょう。

また、プロジェクト管理ツールやコラボレーションツールを活用して、タスクの割り当てや進捗管理を円滑に行います。定期的な進捗報告や課題解決のためのコミュニケーションチャネルを確立し、プロジェクトの進行をスムーズに推進します。

 

ステップ7: 仕様書の明確化とすり合わせ
オフショア開発においては、正確で明確な仕様書の作成が不可欠です。仕様書は開発の基盤となるため、要件を具体的に明示し、図表や詳細な説明を用いて徹底的に共有します。特に言語や文化の違いによる認識のズレを避けるため、共通の言語や専門用語の統一に注意を払い、文化的背景の理解にも配慮します。

さらに、円滑なコミュニケーションを確保するために、定期的なミーティングやチャット、ビデオ会議などのオンラインツールを活用します。これにより、距離や時差を超えたリアルタイムのコミュニケーションが可能となります。また、異なる文化や言語環境でのコミュニケーションにおいては、言葉だけでなく表情やジェスチャーなども重要な要素となります。よく使用されているコミュニケーションツールは、Ms Team、Google Meet、Zoom、Slack、Chatworkなどが挙げられています。

 

ステップ8: 開発の進行と進捗管理
オフショア開発プロジェクトでは、スムーズな進行と進捗管理が重要です。これを実現するためには、効果的なプロジェクト管理方法を導入することが必要です。プロジェクト管理ツールやタスク管理システムの活用により、タスクの割り当てと進捗状況の可視化を行います。代表的なプロジェクト管理ツールは、Jira、Trello、Asana、Notion、Backlogなどです。

また、進捗確認と問題解決のために効果的な手法を導入することも必要です。進捗ミーティングや週次レビューを行い、開発チームとの相互のフィードバックを行います。さらに、リスク管理や品質管理の手法も適用し、プロジェクトの進行におけるリスクを予測し、品質を保証します。適切な進捗管理と問題解決の手法を組み合わせることで、オフショア開発プロジェクトをスムーズに進めることができます。

ステップ9: 成果物の検収とプロジェクト終了
オフショア開発プロジェクトにおいては、成果物の検収と品質確認が重要なステップとなります。検収では、事前に定めた仕様や品質基準に従って成果物を評価し、要件の達成度や品質の妥当性を確認します。適切な検収プロセスを通じて、問題や不備を早期に発見し修正することで、最終的な成果物の品質を確保することが目的です。
また、プロジェクト終了後には、保守フェーズへの移行も重要です。システムの安定稼働やバグ修正などの保守作業を適切に計画し、運用体制を確立します。

 

まとめましょう!
オフショア開発の成功には、9つのエッセンシャルステップの適切な実施が不可欠です。それぞれのステップで目的の明確化、要件定義、適切な開発モデルの選択、契約形態の検討などが重要です。さらに、チームとの効果的なコミュニケーション、進捗管理、成果物の検収、そして良好な関係の構築も重要な要素です。これらのベストプラクティスを念頭に置きながら、オフショア開発を成功させましょう。